相続税について

相続税の猶予が認められる農地

相続税について、農地を相続したという場合には納税に関して、猶予が認められる場合もあります。
ことによると、頭に思い描いている『農地』と法律において定めている『農地』が異なったものであるという可能性もあります。
基本的には耕地、水田のほか酪農などで用いる放牧地、また10年以内には農業をする目的で使用を開始すると決まっている『準農地』も含まれています。
一部の地域においては、『生産緑地』としての指定を受けている農地でなければ猶予を受けることのできる対象にならないということもあります。
そこで実際に猶予が認められる対象となるのは、土地を評価する基準として用いられている『農業投資価格』を上回るところに対応する相続税の部分です。

Copyright(c) 相続税 All Rights Reserved.