相続税について

相続税の猶予で農家を救う

相続税に関する『農業相続人が農地等を相続した場合の納税猶予』というものは、納税猶予措置のひとつです。
農家の方が亡くなって子どもに家業が引き継がれるといったケースで想定されることです。
農業資産というものには、かなりの高い資産価値があります。
そのため、農業を引き継ぐことになる子どもが高い相続税を納めなければならないということになれば、金銭的な負担がかかるという点で大きなダメージを受けることにもなってしまいます。
そこで納税猶予制度があるわけですが、制度が適用されるケースは農地などを相続した方が、そのまま土地を使って引き続き農業をするというときです。
土地を使用する目的を違うものにするということであれば、認められません。

Copyright(c) 相続税 All Rights Reserved.