相続税について

相続税を申告するまでの流れ

相続税の申告については必要な場合、そうでない場合があります。
亡くなった方から遺産の相続を受けたときには、その相続額が基礎控除額を上回っていれば申告しなければならないということになります。
基礎控除額は、税額を計算するにあたってあらかじめ収入から差し引かれることになっている金額です。
相続税ですと5000万円、1人の法定相続人につき1000万円を足して計算されます。
つまり最低でも基礎控除額は6000万円になるということです。
申告をすることが必要である場合には、相続することが確定してから10ヶ月以内という期間のうちに納税の手続きを完了させなければなりません。
必要な申告書を作成して、被相続人の方が住んでいた場所を管轄している税務署に提出します。

Copyright(c) 相続税 All Rights Reserved.