相続税について

相続税を申告するための準備

相続税を申告するためにしておかなければならない準備というものが、いくつかあります。
はじめに被相続人、相続人についてそれぞれ戸籍謄本を調べ、相続人を確認する必要があります。
亡くなった方が遺言書を作成していたというときには、家庭裁判所による遺言書の認定を受けなければなりません。
また葬儀にかかった費用、生前に遺していた借金などについては、遺産から除外されることになっています。
相続財産を確定する上では相続税法、財産評価基本通達の規定が参照されます。
そして確定した遺産をどのように分割するかということについて、相続人の間で話し合いが持たれます。
合意に至れば、遺産分割協議書が作成されます。
通常相続人が最初から遺産の内容をすべて知っているということはなく、財産の評価や遺産の分割方法などによって税額が変わる可能性もあります。

Copyright(c) 相続税 All Rights Reserved.