banner

相続税の時効の悪用

banner 相続税について、時効によって消滅する可能性が考えられるのは善意の相続人です。
想定されるケースとしては、たとえば親子二人だけで生活していたために相談する相手もなく、相続についての手続きに関してはまわりの人々が対応していたといったことが挙げられます。
そこで相続税を納めたくないからといって、悪意によって申告しないでいることは、当然ながら不正な行為です。
不正行為があった場合については、本来納税しなければならない税額の15%に相当する重加算税が追徴課税されることになります。
これは消滅時効についても、7年となります。
そのほか、納付しなければならない金額が高額だからといって相続を受ける金額自体を偽ること、相続がなかったものであるとすることは、完全に脱税行為です。

none

相続税情報一覧

banner 相続税の申告については必要な場合、そうでない場合があります。
亡くなった方から遺産の相続を受け

相続税を申告するまでの流れ

banner 相続税を申告するためにしておかなければならない準備というものが、いくつかあります。
はじめに被

相続税を申告するための準備

banner 相続税に関する『農業相続人が農地等を相続した場合の納税猶予』というものは、納税猶予措置のひとつです。

相続税の猶予で農家を救う

Copyright(c) 相続税 All Rights Reserved.